息子の進学先を考えた時

息子は現在大学3年生です。高校時代大学進学を考えた時、まず初歩的な事が無知だった私。

何が無知だったかと言うと、国公立と私立の大学が私の住む地方にどのようにして存在しているのか?息子の当時将来を考えた時どの大学の何学部が適しているのか?

笑っちゃうような話であるでしょうが、高卒である私にはそこから始まったのである。

まず当時通っていた高校の偏差値から大体の目安を付け国公立・私立と片っ端から大学名と学部を調べ取りあえずチェックするだけして記録しておくことから始めよう!と一からの大学進学への道が始まったのである。

高校一年からもう進学への授業がボチボチ始まっていました。
一年目から学年上位を狙うべく息子なりに必死で食らいついたような気がします。

何も言わなくても率先して息子自身でしていたので、私としては安心でしたね。栃木県離婚

しかし時間が経つに連れて苦手な教科との差が出てくるのです、息子は完全に文系である事が判明します。

ある教科にだけ長けているのが数教科あったので息子はその強化を重点的に頑張っていました。

その上で進学に向け受けなければならない新たなカリキュラムを当時先生と相談しながら進学に有利になるように選択していたようです。

学年が変わる度にどんどん難しくなる授業に四苦八苦ながら何とか食らいついてました。

終盤担任教師から国公立へ行くのであればこの教科をもう少し頑張れば手が届くかもしれないと助言を頂き、息子もそれに向け頑張っていましたが、何度もある模試の配点ではここの教科が足を引っ張っているのは目に見えていましたので、私は頑張っている息子には何も言わずこれは私立一本だな!と心を決めていました。

息子にはこの苦手教科があるからこそ最後まで諦めず長けている教科のより高い配点を目指し、頑張れたのだと思います。

結果センター試験だけで私立への切符をA判定で手にしました。

今思う事。
どこの大学がいいのか?ではないのだと思います、これから何をすべきなのか?どうしたいのか?どう生きるのか?
そんな自分探しをするのが大学生活じゃないのだろうか?と私は思います。